Cycle Topics

レース前の食事

レース前の食事

皆さん、レース前の食事で何か気を付けている事はありますか? 例えば「明日はレースやから、今夜はエネルギーを蓄える為に腹いっぱい食べとかなアカン!」とか、「レース中に腹減ったらアカンから、走る前に食べとこ!」などと考えたりはしていないでしょうか? 実はこれらは大きな間違いなのです。


ご飯の場合、食べてから筋肉を動かすエネルギーとなるのに1~2日かかります。 なので、レース前日や当日に多量に白米などを摂取しても、恐らくそれらがエネルギーとして使用されるのはレースの翌日と言う事になってしまいます。 それどころか、食べる物によっては消化器に負担を掛けるので、胸やけや体が重ダルくなる事もあります。

では、どのようにして、体にエネルギーを蓄えれば良いのでしょうか。


レース前の食事

体にエネルギーを蓄える方法に「カーボローディング」と言われるものがあります。 この方法は、初めに炭水化物の食事を2~3日間絶って体内のグリコーゲンの貯蔵を枯渇させます。 それから、炭水化物中心の食事を2~3日間続けることで、通常の1.5倍ほどのグリコーゲンを体に蓄える事ができるのです。 しかし、この方法には偏食による体調管理の難しさや、レースが毎週続くと行えない、練習が思うように行えないというリスクがあります。


今回は僕もレース前に行っている、誰もが簡単にレース当日体が良く動くように仕上げる方法を紹介したいと思います。

レース前の食事

1 レースの1週間位前から、グリコーゲンの消費を減らす為に、長時間の練習と高強度の練習を減らします。

2 それと同時期から複合炭水化物(ご飯・パスタ・パン)を多めに摂るようにします。 いつもの1.5倍~2倍ぐらいが目安になります。 ※注:甘いもの(単糖類)は控えましょう。

3 レース前日と当日は普通の食事に戻し、食べ過ぎないように、また消化の良い物を摂るようにします。

ですから、勝負に勝つ為の勝負飯は「トンカツ」はNGという事ですね。 これで、エネルギーの補給は完璧です。


そして、レース直前の食事は消化の良い物を、スタート3時間前に終わらせておきます。 スタート時には消化が完全に終わった状態でスタートできるようにします。 また、最後の食事が終わってから、スタートまでの水分補給は、糖がたくさん入った物は控えましょう。 ちなみに僕はスポーツドリンクではなく水にしています。 レース中の補給も1時間以内のレースの場合は水のみで、捕食は必要ないと思います。

一度この方法を試してみてください。 きっと、レース中いつもより体が良く動くはずです。

向川選手

Written by 向川 尚樹
チームマトリックスパワータグ所属/プレイングコーチ。