Cycle Topics

注油方法

注油方法

注油するにあたっての重要ポイントは、適切な場所に適切な種類のオイルを付けてあげる事です。 自転車の場合、3タイプのオイルを持っておくと上手に整備が出来ると思います。

A スプレータイプの耐圧性オイル(プーリーなどに使用)
B スプレータイプの浸透性・防腐性を重視したオイル(変速機、ブレーキアーチなどに使用)
C ボトルタイプの耐圧性オイル(チェーン用)


なぜ、この用に使い分ける必要があるのでしょうか? 大雑把な話になりますが、ACのオイルは耐圧性オイルで高負荷が掛かる場所に塗ります。 自転車の場合、チェーンやプーリーになります。 耐圧性に優れているのですが、その反面、Bのオイルに比べてネバネバしているので、ホコリや小石が付着しやすく汚れを招く原因になります。 じゃあ汚れにくいBのオイルをチェーンに塗ればエエやん!となるのですが、そう上手くはいきません。 Bのオイルは高負荷が掛かると油膜切れを起こして、スムーズに動かなくなり、ギアやチェーンの磨耗に繋がります。 汚れを招かないで、耐圧性も優れたオイルが最強のオイルという事になるのですが、そこは、オイルメーカーさんの開発競争のポイントとなってくるところです。

また、ACで、ボトルとスプレーを使い分けるのにも理由があります。 チェーンへオイルを塗る時にスプレーで塗ると、周りにオイルが飛び散りキレイな自転車がオイルまみれになりますし、ホイールに付着するとブレーキの利きが悪くなり危険です。 ボトルタイプで塗ると垂れる事はありますが、飛び散らないので安心です。 逆にスプレータイプの長所としては、専用の細いノズルが付属されているので、プーリーや変速機などの入り組んだ所にも的確に塗ることができます。

チームマトリックスでは、「タクリーノ・プロダクツ」のケミカルを使用しています。 基本的には上記A B Cを頼りにしています。


今回使用したアイテム

タクリーノ チェーンルブカント・ドライ(スプレータイプ)
タクリーノ ロードチェーンオイル(ボトルタイプ)
タクリーノ パワーチェーンオイル(スプレータイプ)
タクリーノ ロードコートワックス

くわしい使い方は以下の写真で説明します。


注油方法

チェーンルブカント・ドライの使用部位


注油方法

注油1

リアメカの可動部に細いノルズを突っ込んで「シュッシュッ」といきます。


注油方法

注油2

フロントメカの可動部にも「シューッ」といきます。


注油方法

注油3

ブレーキアーチはタイヤに付かない用に注意。


注油方法

注油4

ネジの頭にも一吹き。 腐食を防ぎます。


注油方法

ロードチェーンオイルの使用部位


注油方法

注油5

ホイールのブレーキ当たり面に付かない様に注意。


注油方法

パワーチェーンオイルの使用部位


注油方法

注油6

細いノズルを利用してピンポイントで。 最後に余分なオイルをウエスで拭き取り完了です。


注油方法

ロードコートワックス


注油方法

仕上げにフレームにワックス。


最後の一手間のワックスがけを行うと、見た目は勿論ピカピカになる上、次に洗車する時は簡単に汚れを落とせます。 また、フレームの色の劣化も防げるので是非行っておきたいですね。

向川選手

Written by 向川 尚樹
チームマトリックスパワータグ所属/プレイングコーチ。